LONDON

BRITISH LIBRARY ビートルズの手書き歌詞

おはようございます。

英国に来たときの楽しみのひとつ。
English Breakfast!

お肉が苦手なので、ベーコン抜き。
しかしながら……このねっとりとした食感の
独特のソーセージはなぜか昔から食べられるのです。。

薄切りのトーストは、麦の味がしっかりしていて本当に美味しい!
日頃食べている「食パン」よりも味が濃く、食感もみっちりしています。
数種類のチーズも濃厚で美味しかったです♪ お腹いっぱい……。。
English Breakfast

朝食をいただいた陽射しが差し込む地下のお部屋の白い壁一面には、
『This Is London』のページが飾られていました!かわいい♪
This Is London

BRITISH LIBRARY(大英図書館)が近いホテルだったので
チェックアウト前に、ビートルズの手書き歌詞の展示を観に行ってまいりました。

外は小雨がパラついています。
午後からハイドパークへ行くので今日のお天気が心配です……。
British Library
British Library

展示物は撮影禁止のため、展示されていた作品を文章で記録。

01
George Harrison 1967

02
I remember a time when everyone I loved hated me
Letter from John Lennon to Stuart Sutcliffe, c.1961
(TEMPORARILY REMOVED)

というコトで……コチラは今回展示されておらず残念でした。

03
Help! written and released 1965
殴り書きのように見えました。
ジョンの“助けて!”という心の叫びを綴られていたのではないでしょうか……

04
YESTERDAY written and released 1965
コチラは筆記体でキレイに綴られている上に、
書き直した跡が全くないコトに驚きました!
きっと目覚めてスグに、スラスラと筆が進まれたのでしょうね。

05
TICKET TO RIDE written and released 1965 John Lennon
コチラはタイトルが”A TICKET TO RIDE”と書かれており、
すべてブロック体で綴られていました。

06
A HARD DAY’S NIGHT written and released 1964
汽車の絵本の対面に書かれていました。

07
MICHELLE written and released 1965 Paul McCartney
封筒の裏面に書かれており、I need の部分が I want に書き直されていました。

Discover our treasures▲The Beatlesのコーナーがあるとは!さすがですね♪

展示品の横には、ヘッドフォンがかけられており音声の作品も楽しめます。

“introduce themselves”
[1LP0198907]
(1964)

“I Want to Hold Your Hand”
[1SE0003101]
Parlophone R5084
(1963)

“A Hard Day’s Night”
[1SE0003099 ]
Parlophone R5160
(1964)

“Ticket to Ride”
Parlophone R5265
(1965)

“Help”
[1SE0003104]
Parlophone R5305
(1965)

“Yesterday”
[1SP0009542]
Parlophone PCS3071
(1965)

“Michelle”
Parlophone PCS3075
(1965)

“In My Life”
Parlophone PCS3075
(1965)

“Strawberry Fields Forever”
Parlophone R5570
(1967)

“Beatles Fan-Club Christmas disc”
[1SE0088482]
(1963)

ファンクラブ会員向けのクリスマス・メッセージは、
映画『愛しのフリーダ』にも登場しますね♪
ジョンを中心にハシャぐ4人が、とてもかわいいです!

RELATED POST