《ロケ地めぐり》#2/3 映画『パディントン(Paddington)』Maida Vale Station

MAIDA VALE STATION
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Paddington駅につづいて訪れたロケ地は、くまのパディントンが
ロンドンでお世話になるブラウンさん一家のお住まいの最寄駅です。
《ロケ地めぐり》#1/3 映画『パディントン(Paddington)』Paddington Station のつづきです

劇中に登場する“Westbourne Oak Station”は架空の駅ですが、
ロケーションは実在するロンドンの地下鉄の駅とのことです。

今回のロケ地めぐりでも、コチラのサイトを参考にさせていただきました。
→ Paddington film locations (2014) – Movie Locations
Thank you for sharing that with me!!!!

London Tube
▲ロンドンの地下鉄車内。
イスの模様がかわいいです^^
London Tube
▲筒状のトンネルのロンドンの地下鉄には
“かまぼこ型”の車両が走っています。
MAIDA VALE STATION
▲Zone 2 “MAIDA VALE“駅(Bakerloo線)

Maida Vale tube station
▲Way out(出口)へ進み、地上へ出ます。
Maida Vale Station
▲自動改札機も歴史ある建物の中で
フシギとしっくりきています^^
Maida Vale Station
▲昔の建物・施設をウマく
現代に合わせて利用されている点も
英国らしいと思います。
Maida Vale Station
▲自然光が入る地下鉄の駅というのもよいですね^^
Maida Vale Station
▲階段一段一段の低さにも
昔の建物であるコトを感じました。
Maida Vale Station
▲モザイクもそのまま残されています。
Maida Vale Station
▲2007〜2008年に修復されたそうです。
Maida Vale Station
▲駅舎内からみえる窓のシルエットも美しいです^^
Maida Vale Station
▲かつては入口と出口に、
それぞれ専用階段を使用していたそうです。

Maida Vale Station

Maida Vale Station

Maida Vale Station

Maida Vale Station
▲駅舎の全景です。
まるで映画のセットのような……!
Maida Vale Station
▲現在は“ENTRANCE”が出入口となっています。
Maida Vale Station
▲“EXIT”は閉鎖されていました。
Maida Vale Station
▲“EXIT”用の階段(閉鎖中)。

駅には、戦時中、出兵をしている男性たちに代わって駅構内のペンキ塗りや
地下鉄業務を引き継いだ女性たちの活躍を伝えるポスターが貼られていました。
P2151248

Maida Vale Station
▲1915年6月開業の歴史ある駅です。
London Transport Museumのポスター
Maida Vale Station Heritage information
▲国の重要な建物である
この駅についての説明です。

このプレートによりますと……

Maida Vale出身の建築家 Leslie Green によって1906〜1907年の間に
設計されていたものの、1908年に惜しくも結核でこの世を去り、
皮肉にも(彼は多くの駅の設計を手がけていた建築家でしたが)
生まれ育った街の駅舎の完成は見ることができなかったとのことです。

その後、建築家 Stanley Heaps が、初めてエスカレーターを導入した
駅のひとつとされる“Maida Vale”駅を設計し1915年に完成させます。

《中略》

また、アルフレッド・ヒッチコック監督 1927年の映画作品『ダウンヒル』と
スティーブン・ポリアコフ原作 1983年の映画作品『ランナーズ』※の
ロケ地でもあるそうで、いずれの作品にも、かつてあったこの駅の
オリジナル木製エスカレーターが映っている、と記されています。
(プレートに1982年とあるのは、実際に撮影をされた年のことでしょうか?)

National Railway Heritage Awards
▲2009年にはNational Railway Heritage Awardsを
受賞されたようです。
Maida Vale Station
▲Maida Vale駅のプラットホーム
Maida Vale Station
▲Maida Vale駅のプラットホーム
行き先がわかりやすいです。

目的地が“駅舎”で、本当に駅構内や外観をみるだけの下車となりました。
しかしながら、その価値は充分にあると感じられた“Maida Vale”駅です。

つづく

Posted in , ,

cicaberry

I was born in Tokyo. I am a Graphic designer. I’m into British culture. I like traveling and can’t get enough of it. My favourite pastime is watching NPB (Nippon Professional Baseball) game . J’apprends le français.

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.